【当店別注カラー】Schneider 万年筆「base」/左手用

シェアする

トープ

ローズ

ミントグリーン

日本国内で買えるのは当店だけ!特別な新色です

発売当初からご好評いただいている万年筆「base」。 今までの3色(ブラック・ブルー・ホワイト)に加え、新しいカラー「ローズ」「トープ」「ミントグリーン」を特別に輸入してもらうことができました!日本国内においては、左ききの道具店だけの取り扱いです。

「トープ」は、薄いグレージュといった感じのニュアンスカラー。国内の文具ではなかなか見つからない、珍しい色合いです。ちなみにトープとはフランス語でモグラのことだそうです。

「ローズ」は、少しだけ青みのある淡いピンク色。日本人としてはバラより桜を思い出すような、とても優しい色です。可愛らしすぎず、大人によく似合うピンクです。

「ミントグリーン」は、柔らかく控えめなグリーン。どこか渋さもありながら、爽やかでかわいいカラーです。

定番カラー(ブラック・ブルー・ホワイト)はこちらです

トープ
ローズ
ミントグリーン

ドイツではお馴染みの筆記具ブランド「Schneider」

今年で創業80年を迎えるドイツの筆記具ブランド「Schneider」(シュナイダー)。日本ではまだあまりメジャーではないですが、ドイツでは文具店に行けば必ず見かけるような、有名ブランドとして知られているそうです。

パーツから本体までドイツ国内で製造した高品質な商品を、良心的な価格で販売する、「普段使いの文具」をモットーとしています。

様々なデザインアワードも受賞しており、万年筆以外のアイテムもシンプルで格好良い雰囲気のものがたくさんあります。

左手用ニブ(ペン先)の特徴

冒頭にも書いた通り、この万年筆は左手専用のニブ(ペン先)を搭載しています。普通の万年筆を左手で持って書いていると、どうしても筆記中に引っかかりが生じやすくなるので、ペンポイントを加工して左手での運筆がスムーズになるように工夫されているのだそうです。

また、素材は耐久性に優れたイリジウムというプラチナ系の金属を使用しており、押し書きするために強くなりがちな左利きさんの筆圧にも耐えられるようになっています。

線の太さは、自宅にあった国産メーカーのF(細字)と比較しましたが、それより少し太いという印象でした。水性ボールペンだったら0.6か0.7くらいかなーというところです。(個人的感想)

日本左利き協会さんがこの万年筆のとても詳しい記事を書いてくださっています。 http://lefthandedlife.net/g001.html

頼れる普段使い、しっかり留められるクリップも

まさに「base」というシリーズ名の通りのシンプルなデザインです。 大人が嗜む高級万年筆という質感ではなく、毎日使うボールペンと同じように、まさに普段使いの筆記具として楽しめるアイテムです。

また、キャップについたクリップは普通紙を最大50枚はさめるほどにパワフル。手帳やノートの厚めの表紙にも気兼ねなく留めておけます。

インクカートリッジが1本付属、別売のコンバーターも

ブルーのインクカートリッジが1本付属します。 (ご希望の方にはブラックに交換可能です。注文時の備考欄に「ブラックインク希望」とご記入ください)

インクカートリッジの購入ページはこちらです。

カートリッジは「欧州共通規格」を採用しているため、互換性がある他メーカーのインクカートリッジを使うこともできます(ただし、メーカー推奨外になりますのでご了承ください)

また、ボトルインクをお使いになりたい方には別売りのコンバーターもございます。

デイリーに楽しむ万年筆ライフ

手帳やちょっとしたメモなども、万年筆で書くとなんだかちょっと雰囲気良く見える気がするのは私だけでしょうか・・・ 万年筆の魅力が見直されている最近、左利きの皆さんにも気軽に気持ち良く万年筆を使っていただけたらなと思います。

サイズ長さ(未使用時)142mm 軸径(最大)12mm
重さ約18g
生産国ドイツ

※ブルーのインクカートリッジ1本付属(ご希望の方はブラックに交換可能です。注文時の備考欄に「ブラックインク希望」とご記入ください)

シェアする
更新:2020.04.25

#Schneider

Recommend