Schneider 万年筆「base」/左手用

シェアする

ブラック

アークティックブルー

ホワイト

☆日本左利き協会さんがこの製品のとても詳しい記事を書いてくださっていますhttp://lefthandedlife.net/g001.html

○このページは定番カラー(ブラック、ブルー、ホワイト)のページです。他に、当店別注カラー(トープ、ローズ、ミントグリーン)もございます。

左手用ニブ(ペン先)の万年筆

探したことのある方はご存知かと思いますが、左手用の万年筆と言ったらもう選択肢が少ないのなんの・・・ でも、ようやく見つけましたよー!シンプルで、手に取りやすいお値段の左手用万年筆!嬉しくて大声になってしまいました。

ドイツではお馴染みの筆記具ブランド「Schneider」

今年で創業80年を迎えるドイツの筆記具ブランド「Schneider」(シュナイダー)。日本ではまだあまりメジャーではないですが、ドイツでは文具店に行けば必ず見かけるような、有名ブランドとして知られているそうです。

パーツから本体までドイツ国内で製造した高品質な商品を、良心的な価格で販売する、「普段使いの文具」をモットーとしています。

様々なデザインアワードも受賞しており、万年筆以外のアイテムもシンプルで格好良い雰囲気のものがたくさんあります。

左手用ニブ(ペン先)の特徴

冒頭にも書いた通り、この万年筆は左手専用のニブ(ペン先)を搭載しています。普通の万年筆を左手で持って書いていると、どうしても筆記中に引っかかりが生じやすくなるので、ペンポイントを加工して左手での運筆がスムーズになるように工夫されているのだそうです。

また、素材は耐久性に優れたイリジウムというプラチナ系の金属を使用しており、押し書きするために強くなりがちな左利きさんの筆圧にも耐えられるようになっています。

線の太さは、自宅にあったパイロットのF(細字)の万年筆と比較しましたが、それより少し太いという印象でした。水性ボールペンだったら0.6か0.7くらいかなーというところです。(個人的感想)

軸は3色から、しっかり留められるクリップも

軸のカラーは「ブラック」「アークティックブルー」「ホワイト 」の3色。 「base」というシリーズ名の通りのシンプルなデザインです。 大人が嗜む高級万年筆という質感ではなく、毎日使うボールペンと同じように、まさに普段使いの筆記具として楽しめるアイテムです。

また、キャップについたクリップは普通紙を最大50枚はさめるほどにパワフル。手帳やノートの厚めの表紙にも気兼ねなく留めておけます。

ブラック
アークティックブルー
ホワイト

カートリッジインク1本付属、欧州共通規格です

海外のものには珍しく、ブラックのカートリッジが1本が付属します。(もちろん、通常の万年筆同様、ペン先を洗浄すれば違う色のインクもお使いいただけますよ) 交換カートリッジのお買い求めはこちらです。
https://hidari-kiki.jp/categories/3/tools/170/

カートリッジは「欧州共通規格」を採用しているため、互換性がある他メーカーのインクカートリッジを試してみるのもいいかもしれません。(ただし、メーカー推奨外になりますのでご了承ください)

ボトルインクをお使いになりたい方にはコンバーターもございます。
https://hidari-kiki.jp/categories/3/tools/171/

デイリーに楽しむ万年筆ライフ

手帳やちょっとしたメモなども、万年筆で書くとなんだかちょっと雰囲気良く見える気がするのは私だけでしょうか・・・ 万年筆の魅力が見直されている最近、左利きの皆さんにも気軽に気持ち良く万年筆を使っていただけたらなと思います。

サイズ長さ(未使用時)142mm 軸径(最大)12mm
重量約18g
生産国ドイツ

◎このアイテムは、ゆうパケット(ポスト投函・350円)で発送します

シェアする
更新:2020.04.25

#Schneider

Recommend