左ききの扇子(STONE)/左手用

シェアする

夏のお出かけのお供に。カジュアルな左手用扇子です

ギフトに、ご自身用に好評の左手用扇子。左ききの道具店のオリジナル柄が登場です。普段の洋服に合わせやすく、気張らずに使える扇子を目指しました。夏のお出かけのお供に、暑い毎日が少しでも快適になれば嬉しいです。

毎日持ち歩きたい、普段着に馴染む柄

柄は2パターンご用意しました。サイズは、男女兼用で使える「7寸」(約21cm)と呼ばれる大きさです。

「STONE」は、黒い骨がシックなイメージ。タイトル通り、石をモチーフにした模様がどことなくミステリアスな雰囲気です。世代や性別を問わず、どんな方が持っても格好良く決まる1本です。

手書き風のチェック柄「BUTTERFLY」はこちらです

制作は名古屋扇子の老舗「末廣堂」さん

作っていただいたのは、当店でもともと扱っていた扇子のメーカーである「末廣堂」さんです。名古屋市西区で大正元年から営まれる名古屋扇子の老舗メーカーです。

左手用扇子は、一般的な右手用扇子に比べ、組み立てや加工により一層の技術が必要で、経験豊かな職人さんでも作るのが難しいものだそうです。そんな中、20以上の工程を経て、1本1本丁寧に仕上げられた、左利きさんのための扇子です。

クラシックな絵柄が魅力の末廣堂オリジナル扇子も取り扱い中です。
扇子の一覧はこちらです

香りについて

多くの伝統的な製法の扇子では、風で涼む際に楽しめるよう香りがつけてあります。末廣堂さんでも、特殊な扇子用の香水を骨に染み込ませることで香り付けを行っているそうです。(香料へのアレルギーをお持ちの方はご注意くださいますようお願いいたします)

和風の落ち着いた雰囲気の香りではありますが、特におろしたての時には香りが強すぎると感じるかもしれません。

その場合は、扇子を開いた状態で、風通しの良い室内の日陰に数日〜数週間おいておくことで、少しずつ薄くなっていきます。消臭スプレーなどはシミになってしまうためご使用にならないようお願いいたします。

逆に、香りをできるだけ長持ちさせたい場合は、使わない時には袋や箱に入れ密閉に近い状態で保管すると良いそうです。

取り扱いに十分な注意が必要です

左手用扇子は、当然ながら左手での扱いに特化して作られています。扇子は大変デリケートな構造のため、誤って逆の向き(通常の扇子の向き)に開いてしまうと、たった一度で簡単に壊れてしまうそうです。

お使いになる方ご自身はもちろん、ご家族など周りの方が気づかずに逆方向へ開いてしまうことがないよう、取り扱いには十分注意いただきますようお願いいたします。

サイズ長さ 約210mm(閉じた時) 化粧箱入り
素材和紙、木
生産国日本

◎このアイテムは、ゆうパケット(ポスト投函・350円)でお届けします

シェアする
更新:2020.07.18

#左ききの道具店オリジナル

Recommend