【左ききの手帳2021】② ここが新しくなりました!

新しくなった点のご紹介です

9月18日発売の「左ききの手帳2021」。第2回となる今回は、2020年版から変更した点についてご紹介していきます。

前回と比べて大きな特徴は変わりませんが、実際に自分たちで使ったり、ご愛用いただいている方へのアンケート結果を参考に少し手を入れています。

前回記事はこちら
【左ききの手帳2021】① 発売日が決定しました!

改良① カバーの仕様を変更しました

2020年版では、クラウドファンディング開始当初「そのまま、もしくはご自身でお好みのカバーをつけていただく」という想定でスタートしたため、質感が良く比較的耐久性のある厚紙を表紙に採用していました。

ですが、蓋を開けてみると「表紙デザインが気に入ったのでこのまま使いたい、でも汚れが気になる」という声をいただき、急きょ「透明のPVCカバー」を付録としてお付けすることにしました。

後日行ったアンケートにおいても、9割以上の方が「付録の透明PVCカバーをつけて使用している」という結果だったため、2021年版では「カバーに入っている状態で販売」とすることにしました。

とはいえ、お好みのカバーや他の手帳・ノートと組み合わせてお使いになる方もいらっしゃるということで、「カバー無し(中身の手帳のみ)」の商品もご用意いたします。

改良② スピン(栞紐)がほどけにくくなりました(当社比)

「先端がほどけやすい」とレビュー記事やアンケートでご指摘いただいたスピン(栞紐)。確かに社内で使用していても、9月現在で2cmほど解けて、もけもけと筆のような感じになっていました。

他の方法や素材なども検討した結果、2020で採用したものに比べてかたく編まれた細めのスピンの採用を決定。どちらの質感にもそれぞれ良さがあるので、お好みはあるかと思いますが、ほどけにくさはアップしたと思います。

↓ 2021 の新スピン(キュッとして細め)

↓ 2020 のスピン(ふんわり柔らかい)

ほどけなさはアップしましたが、それでも「ほどけるのがどうしても気になる」という方は、次のような予防策をご検討いただけたら幸いです。

■お買い上げすぐに「液体のり」や「透明マニキュアやトップコート」を先端に薄く塗ってコーティングする
■小さなチャームを先端に結び付ける (これ検索していて見つけたんですが、とっても楽しいアイデアだと思いました!)

↓ 試しに2020版スピンにチャームをつけてみました!なかなかいい感じです。結び目は少しずつほどけてきそうな感じなので、こちらもボンドやマニキュアなどでとめておくのがいいかもしれません。

改良③ 年間ガントチャートを入れました

年間のガントチャートに使えるページがほしいというリクエストにお応えして追加しました。もちろん日付は右側にレイアウトしています。

改良④ より使いやすく本文のデザインを微調整しました

本文のデザインをチューニングしました。並べて比べてみないとわからないくらいのほんの少しの差ですが、さらなる使い心地アップに繋がればと思います。主なポイントをご紹介します。

【月間ブロック】前月・翌月の日付を小さくしました。これによって当月の数字がより判りやすくなりました。

↓上が2020、下が2021です。

【週間ページのメモ】方眼のドットを小さくしました。メモスペースに書き込む際、ドットが気になるという声もありましたが、こちらがずいぶん緩和されるはずです。


↓左が2020、右が2021です。

さいごに

初めてお求めいただく方にはもちろん、2020年版から続けてお使いいただく方にも、さらに快適な左ききの手帳ライフを楽しんでいただけたら嬉しいです!

次回、最後の3つ目の記事では、「ラインナップ」と「オンラインショップ購入特典」をご紹介する予定です。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

◎左ききの手帳は9月18日発売!

記事の続きはこちらからご覧ください。
【左ききの手帳2021】③ ラインナップと特典のご紹介