【スタッフレビュー】はじめての花ハサミ

こんにちは、左ききの道具店のスタッフのかえでです。

春ですね。

植物たちが風に揺られて踊っているのを見て、一緒に嬉しくなります。通りかかった花屋さんでお花を買って帰ることが増えました。お花や植物がある部屋は、パッと明るくなりますよね。

ところでみなさんは、家に花を買ってきた時、お花のお手入れはどうしていますか?

せっかくなら、イキイキとしたお花を長く楽しみたいですよね。切れ味のいい花ハサミを使うことで、茎が水の吸収をしやすく、茎も痛めにくいので、綺麗に長持ちしてくれるんです。

今回は、左利きさんがまず一本目を持つならこれ、おすすめの2種類をご紹介します!

気になっているけどどんな感じなんだろう、と悩んでる方にも、左利きの私が、それぞれを使ってみて感じたことをまとめてみましたので、お買い物の参考になれば幸いです。

【プレゼントにもおすすめの、可愛い一本】

まずご紹介したいのが、「PAUL 花ハサミ/左手用」です。

持ってみたところ。
写真は人気No.1のライトグリーン。やわらかい若葉色で、植物の鮮やかな色を引き立てます。
切ってみるところ。

[おすすめポイント]
○価格もお手頃なので、まず持っておくならこれがいいかも。
○デザインが可愛くてコンパクト。手の小さな方にもフィットすると思う。
○色のバリエーションが豊富なのが嬉しい。可愛い色がたくさんある(選ぶの迷う…)
○ストッパーがついているので安心。
○刃が交差しない構造なので、左手用のハサミを使うことに慣れていない人におすすめ。

[注意ポイント]
△バネを動かすので、切る時に多少力は必要かも。
△刃を押しつけて切るタイプのものなので、パチン、スパッという切れ味は感じにくい。
△刃の開く幅が狭めなので、太い茎を切るのはオススメできません。

【切れ味◎ 頼りになる一本】

次にご紹介したいのが花ハサミ『ハンドクリエーション』/左手用です。

商品ページはこちら
もってみたところ。赤色の持ち手がかわいいです。
切ってみるところ。

[おすすめポイント]
○シンプルなデザインが素敵。(グッドデザイン賞を受賞されています)
○切れ味がいい。力を入れずにスパンッと切れて、使ってみて気持ちがいい。ある程度太い茎も難なく切れた。
○私の手では少し大き目に感じましたが、人差し指をくぼみにかけて持てば大丈夫。男女問わず使いやすい大きさかも。

[注意ポイント]
△カラーバリエーションが少ない。(左手用は一種類のみ)
△使い初めは、持ち手の端で小指を挟んでしまうことが何度かあったので、慣れるまで注意が必要かも。
△PAULよりは少しお高め。ですが、買って損はない逸品。

◎お花を長持ちさせる切り方


花ハサミを使ってお手入れをすると同時に、ぜひ以下のことも意識してみてください。さらに綺麗に咲き続けてくれますよ。

・切り口はまっすぐではなく、斜めに切ること。断面を広くすることで、水を吸い上げやすくします。
・切り花の茎の先端から2~3センチほど上を斜めにカットしましょう。
・切ったときに雑菌などが付着しないよう、きれいな水の中で切ること。

いかがでしたでしょうか。少しでも参考になれば嬉しいです。
きれいなお花で、みなさんの生活が明るくなりますように。

(左ききの道具店 スタッフ かえで)