【スタッフレビュー】感動的な切れ味、エバーピーラーを使ってみた

こんにちは!左ききの道具店のスタッフ かえでです。 

実は今、私は左ききの道具店のスタッフでもあり、料理の修行中の身でもあるのですが、飲食店で働きながら学んだことを、休みの日を使って自宅で練習したりしている毎日です。


そんな中、左利きの方向けの商品の中で特に感動したのが、飯田屋「エバーピーラー/左手用です!

現在料理の修業中、といいつつ大変恥ずかしいのですが、
自宅では、とりあえず買い揃えた調理道具ばかりで、切れ味もそれなりで。
野菜の皮むきはなかなか億劫な作業でした…。

ですが、エバーピーラーのあまりの切れ味の良さに驚いて、思わずいろんな野菜を切ってみたので、その感動をお届けできればと思います。

切れ味の悪いピーラーのストレスから解放されて、するする皮がむける様子が快感です。そのおかげで、皮をむく作業も含めて、料理がさらに楽しくなりましたよ!

持ってみたところ。

ではさっそく、エバーピーラーを使って、
にんじん、じゃがいも、さつまいもの3種類の野菜の皮をむいていきましょう!

・にんじん


まずはにんじんです。長細いので、皮をむきやすい野菜ではあるのですが、どうでしょうか。

ドキドキ。
おーっ!力を入れずに一瞬でむけました。
むいたあとの表面はツルツルでキレイ!

途中で止まらずに、するっと皮がむけました!
一生懸命むいている、という感覚は全然なくて、本当に、さらっと撫でている感じなんです。

そして、むいたあとの表面がつるつるしている…!

これだけピカピカになるのは、エバーピーラーを開発された飯田屋さんのこだわりの刃の鋭さにより、野菜の細胞を潰さずに切れた証だそうです。そのお陰で、驚くほど長い時間シャキシャキと美味しい味わいを感じていただけるとのこと。

ぜひサラダなどで切りたての食感を味わって欲しいなと思います!

・じゃがいも

次は、じゃがいもです。

にんじんよりも凹凸があり、さらに球体なので、一発でするするっとむくことは難しそうと思っていたのですが、
切れ味が良いお陰で、ストレスなく皮をむくことができました。

自分の持ちやすい角度を探して…
丸い面に沿って、綺麗にするーっと刃が進みました。

むき終わったら、こんな感じで、つるっと、つやっとしています。
そのまま丸ごとポトフにして食べたい〜。

・さつまいも

分厚い皮の野菜はどうだろう、ということで、さつまいも。なかなか手強そうですが・・・。

皮の躍動感!スムーズにむけることがお分かりいただけるかと思います。

ボコボコの面でも、スルーッとむくことができます。流石です…。

自宅にあるピーラーでむいたものと、並べてみました。

自宅のピーラー(右)では、凹凸の部分に刃がひっかかってしまいむけないのですが、
エバーピーラー(左)では、さすがの切れ味で均一で皮をむけるので、早く楽にむくことができました。

左:エバーピーラーでむいたもの 右:家にあるピーラーでむいたもの

たくさんむいて満足したところで、サラダを作ってみました。

食感もシャキシャキで美味しくできました!冷蔵庫の中にいたキウイも一緒に。エバーピーラーで皮をむいたら、つやつやです。

どの野菜をむくときも、一貫して感じたことですが、
・力を入れずに、皮をむくことができた
・途中皮がちぎれることなく一気にむけるので、ゴミ捨てが楽(地味に大事!)
・切れ味がいいので、変な力を入れなくて済む
・切った面がつるっとして、綺麗にむけた
・表面の鮮度がより長持ちする気がした 

もし使っていくうちに、切れ味が悪くなったら、替え刃もありますよ。
愛着を持って長く使い続けられるのも嬉しいポイントですね○

今回エバーピーラーを使ってみて、料理を楽しむためには、食材選びはもちろん、使う調理器具も同じくらい大事だなあと実感しました。


料理が元々好きな方にも、料理はちょっと苦手という方にも、エバーピーラーはおすすめです。おうちにいることが多くなった今、お気に入りの道具を持って、ぜひおうちで料理を楽しんでみてください。


最後に、左ききの道具店では、ほかにもいろいろなキッチンツールを揃えているので、ぜひご覧ください。見ているだけでも楽しいですよ。ぜひチェックしてみてくださいね!

キッチンの商品一覧はこちらから

(左ききの道具店 スタッフ かえで)